郡司慶子展
2021年11月22日exhibition
2021年11月22日exhibition
2021年11月22日exhibition
2021年11月22日exhibition

12月11日(土)より26日(日)まで、郡司慶子さんの個展を開催します。今回展示するのは、小さな「白い玉」。光にかざすと透けるくらい薄い磁器で、一面に繊細な文様が彫られています。そして、初発表となる絵画も展示します。今までの個展で発表してきた素焼きの作品とは見た目のありようは異なりますが、郡司さんにとっては「根幹の部分はまったく同じ」と言います。ぜひ作品が生まれくる源を感じにいらして下さい。詳細は「Exhibitions」をご覧下さいませ。

*12月1日(水)~6日(月)に、「うつわ楓」にて「郡司製陶所 うつわ展」が開催されます。また、12月1日(水)~26日(日)に「ヨーガンレール+ババグーリ青山」にて開催される「ランプ展」に、郡司製陶所が陶の燭台を出品します。あわせてご高覧下さい。

郡司慶子展2021年DM.jpg


「青花の会」講座のお知らせ
2021年11月19日information
2021年11月19日information
2021年11月19日information
2021年11月19日information

12月7日(火)の19時〜21時に、「青花の会」の企画で、OUTBOUND店主の小林和人さんと対談いたします。テーマは「工芸店と画廊のいま」。会場は神楽坂の「工芸青花」です。小林さんと、お互いに開店してから経てきた10数年の歩みを振り返りつつ、これからの工芸店・画廊のあり方を考える機会となればと思います。年末のお忙しい時期かと存じますが、お時間ございましたらぜひ。詳細は下記をご参照下さい。
https://shop.kogei-seika.jp/products/detail.php?product_id=676

須田貴世子展の会場風景写真を
UPしました
2021年11月18日exhibition
2021年11月18日exhibition
2021年11月18日exhibition
2021年11月18日exhibition

11月28日(日)まで開催中の須田貴世子展の会場風景・出品作品写真を「Exhibitions」にUPしました。「聴こえた形」「実りを受ける人」「夜明けの森」「海の心臓」「ひとつだけの冠」「空の小屋」「境界の塔」......タイトルからも、須田さんの想像力の豊かさが伝わってきます。ご来廊が難しい方は、ご興味のある作品がございましたらメールかお電話にてお問合せ下さい(写真の中には、ご売約済みの作品も含まれておりますことご了承下さいませ)。



            空の小屋.JPG  境界の塔.JPG

須田貴世子さんの在廊予定について
2021年11月10日exhibition
2021年11月10日exhibition
2021年11月10日exhibition
2021年11月10日exhibition

今週末より、須田貴世子展「物見遊山覚書Ⅳ」が始まります。須田さんは、初日の11月13日(土)の12時から17時頃まで在廊予定です。須田さんが作品1点1点にこめたイメージやエピソードを、ご本人から直接伺いながら眺めて頂くと、一層味わいが増すことと思います。ぜひお出まし下さいませ。

10+1周年記念展「巣」、閉幕しました
2021年11月 1日exhibition
2021年11月 1日exhibition
2021年11月 1日exhibition
2021年11月 1日exhibition

昨日をもちまして、Gallery SU 10+1周年記念展「巣」が盛況のうちに閉幕いたしました。会期を通じて皆様の温かいお気持ちと笑顔に包まれ、11年前にギャラリー名を「巣」から名づけたときの願いが叶った喜びをかみしめる日々でした。次は20周年に向けて、時代に逆行しつつも守るべきものは守り、かつ変化を恐れずに進んでいきたいと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

「婦人画報」目次ページ連載12月号
2021年11月 1日publicity
2021年11月 1日publicity
2021年11月 1日publicity
2021年11月 1日publicity

雑誌「婦人画報」目次ページに連載中の「巣立ちの記録 ギャラリーから羽ばたいた作品たち」。12月号(11月1日発売)では、郡司慶子さんの作品をご紹介しています。ぜひご高覧下さい。