北中幸司展、開催中です
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition

12日(土)より、「北中幸司 銅版画展」を予定どおり開催しております。2018年に開催した前回の個展から、3年ぶりとなる本展。その間に世界は一変しましたが、今回の作品群を眺めていると、北中さんの制作姿勢の揺るぎなさが伝わってきます。27日(日)まで開催しておりますので(火曜のみ休廊します)、ぜひ静けさにひたりにいらして下さい。

北中幸司 銅版画展
2021年5月29日exhibition
2021年5月29日exhibition
2021年5月29日exhibition
2021年5月29日exhibition

6月12日(土)より27日(日)まで、北中幸司さんの銅版画展を開催します。北中さんは、銅版をスケッチブックのように持ち歩いて写生し、自らプレス機で刷って銅版画を制作しています。詳しい工程は、「銅板に薄紙をのせて、上から鉛筆で描画する。銅版の表面は防蝕剤(グランド)でコーティングされていて、鉛筆の圧がかかったところは防蝕剤が剥がれ、のちに腐蝕液に浸けるとこの部分だけが腐蝕されて凹部になる。その上にインクを詰め、紙をのせてプレス機で刷る」というものです。「大切にしたいのは花や草木との一会。ほかのどの花でもなく、いま目の前にあるこの花をただ描きとめたいというとてもシンプルな思い」という北中さんのまなざしが伝わってくる作品たちです。詳細は、「Exhibitions」をご覧下さい。


北中幸司展2021DM.jpg

水田典寿展の会場風景写真を
UPしました
2021年5月25日exhibition
2021年5月25日exhibition
2021年5月25日exhibition
2021年5月25日exhibition

5月30日(日)まで開催中の水田典寿展の会場風景・展示作品写真を「Exhibitions」にUPしました。ご来廊下さった方々が、時間を忘れて作品たちの醸し出す濃密な気配に浸っておられるご様子を、毎日嬉しく拝見しております。今回残念ながらいらっしゃれなかった方にも、写真からこの空気感が伝わりますように。ご売約済みの作品も最終日まで展示しておりますので、ぜひご高覧下さい。


水田典寿展2021−5.JPG

水田典寿展の開催について
2021年5月 7日exhibition
2021年5月 7日exhibition
2021年5月 7日exhibition
2021年5月 7日exhibition

東京都の緊急事態宣言が今月末まで延長となりましたが、5月15日(土)スタートの水田典寿展は予定通り開催することにいたしました。初日は、水田さんが在廊して下さる予定です。ご来廊が難しい方のため、22日(土)以降はメール・お電話での作品へのお問合せを承ります。その時点でご購入可能な作品の写真と価格・寸法のリストをお送りさせて頂きますので、ご連絡をお待ちしております。

水田典寿展
2021年5月 5日exhibition
2021年5月 5日exhibition
2021年5月 5日exhibition
2021年5月 5日exhibition

5月15日(土)より30日(日)まで、水田典寿さんの個展を開催します。水田さんは、流木や廃材など風化の途上にあるものを掬い上げ、手を加えて彫像や家具を制作しています。その根幹となる姿勢は保ちつつ静かな変化の途上にある今を、ご覧頂ければ幸いです。詳細は、「Exhibitions」をご参照下さい。なお、今後の状況次第で会期を変更する可能性がございますので、このNews欄にて最新の情報をご確認下さいませ。



水田典寿展DM.jpg

伊藤敦子展の会場風景写真を
UPしました
2021年4月28日exhibition
2021年4月28日exhibition
2021年4月28日exhibition
2021年4月28日exhibition

5月2日(日)まで開催中の伊藤敦子展の会場風景・出品作品写真を「Exhibitions」にUPしました。紙のように薄い銅板の奥に何層にも秘められた色彩と、じっと対峙していると見えてくる何かの姿や風景を感じて頂ければ幸いです。今は自由に体を移動させることはできませんが、心の中では「土に潜り、星に飛ぶ」ことができる、そのことに気づかせてくれる作品です。


          伊藤敦子展2021-3.JPG  №47.JPG

伊藤敦子展は予定通り最終日まで開催します
2021年4月24日exhibition
2021年4月24日exhibition
2021年4月24日exhibition
2021年4月24日exhibition

4月25日(日)より5月11日(火)まで緊急事態宣言が発令となりましたが、現在開催中の伊藤敦子展は予定通り5月2日(日)まで開催いたします。引き続き感染防止対策をしっかり行ってまいります。不安な状況は続きますが、せめてこの中では心を開放して過ごして頂けることを願っております。

伊藤敦子さんの在廊予定
2021年4月12日exhibition
2021年4月12日exhibition
2021年4月12日exhibition
2021年4月12日exhibition

今週末より開催する伊藤敦子展の会期中、伊藤さんは初日の4月17日(土)、24日(土)、最終日の5月2日(日)に在廊して下さる予定です。春から初夏へと移り変わる季節、換気のためにも窓を全開にして、清々しい風を取り入れながらお待ちしております。

伊藤敦子展「土に潜る、星に飛ぶ」
2021年4月12日exhibition
2021年4月12日exhibition
2021年4月12日exhibition
2021年4月12日exhibition

4月17日(土)より5月2日(日)まで、伊藤敦子さんのSUでは2回目となる個展を開催します。作為と無作為のあわいに漂う小さな彫刻作品と平面作品を展示いたします。詳細は、「Exhibitions」をご覧下さい。
以下が、「土に潜る、星に飛ぶ」という本展のテーマについての伊藤さんからの言葉です。
≪自分と共にものが動いてくること。ものと共にたえず自分も動いていること。相互のやりとりを繰り返していると、無機物だったはずのものも変化というだけの言葉ではあらわせない表情を見せ始めます。そして一緒に動いてきた痕跡である線とともに、進行形の動きとしてある"全体"が出現し、作品となります。
この一年、この世の真ん中に人間がいるわけではないことを思い知らされてきました。そして小さな世界に閉じこもった日々には、自分がそう意識することで、土の中に潜り身体いっぱいその感触を味わえることや、彼方の星の煌めきに心身を飛ばすこともできると確認していました。土や星に触れるのは心の触覚。制作にも繋がるひとつの希望でした。≫

伊藤敦子展DM.jpg

秋野ちひろ展が終了しました
2021年4月 6日exhibition
2021年4月 6日exhibition
2021年4月 6日exhibition
2021年4月 6日exhibition

4月4日(日)をもちまして、秋野ちひろさんの11回目の個展が終了しました。一年分の変化と成長を楽しみに毎年お越し下さる方も、今回初めてご覧下さった方も、秋野さんの表現する「春」を感じて下さりありがとうございました。皆様から頂いたご感想を胸に、秋野さんのなかでは来春に向けての胎動が始まっています。