2020年 企画展スケジュール


3月21日~4月5日/秋野ちひろ
5月16日~5月31日/林 友子展→来年9月に延期
8月15日~8月30日/松本裕子
9月5日〜9月20日/鎌田奈穂
9月26日〜10月11日/平松 麻
9月12日~10月4日/開廊10周年記念グループ展→来年10月に延期
10月17日~11月1日/前田昌良展
11月14日~11月29日/阪口鶴代展
12月12日~12月27日/上田亜矢子

*詳細は決まり次第UPいたします。
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため、スケジュールは随時変更しております。今後、さらに変更の可能性もございます。
*企画展開催期間以外は休廊させて頂きます。

上田亜矢子展「かたちの音階」

会期/2020年12月12日(土)-12月27日(日)
時間/12:00-19:00
休廊日/12月15日(火)・22日(火)

本展のタイトルは、上田亜矢子さんが制作時に抱いた「直線と曲線を記しながら、かたちの中に音を探していく」という感覚から生まれました。1点1点異なる音階をもつ石彫作品が集い奏でる音色に、耳を澄ますようにご覧頂ければ幸いです。


上田亜矢子展2020年DM.jpg
               「フーガ」(幅11.0×高さ19.0×奥行き6.0cm)

阪口鶴代展「中くらいの7つの詩」
会場風景

飛んでくる青い種.jpg  精 2.jpg  風景.jpg

        阪口鶴代展1.jpg  阪口鶴代展2.jpg

夜の子守唄.jpg  グリーンボール.jpg  緑の景.jpg

阪口鶴代展「中くらいの7つの詩」→終了

会期/2020年11月14日(土)-11月29日(日)
時間/12:00-19:00
休廊日/11月17日(火)・24日(火)

画家・阪口鶴代さんの4年ぶりとなる個展です。今も続く不安定な日々のなか、阪口さんは以前と変わらず絵画に向き合い続け、その時間を「紙と天然岩絵具の波動を感じながら画面の中の予感を追いかけてゆく。形が形を生み出し、色彩が色彩を生み出す。描きながら画面との問いかけを繰り返すうちにいつしか絵画の時空に入りこんでゆく」と語ります。揺らぎながら最後に立ち現れる確たる世界を、ぜひご高覧下さい。


夜の子守唄2020.JPG
          「夜の子守唄 2020」(29.5×21㎝、紙に天然岩絵具・鉛筆)

前田昌良展「柔らかくて深い場所」
会場風景

前田昌良展2020-1.JPG  前田昌良展2020-2.JPG  前田昌良展2020-3.JPG

ひとりでも寂しくない.JPG  木馬と少年.JPG  森に浮かぶ舟.JPG

羽ばたく天使.JPG  密やかな一歩.JPG  鉛の花.JPG

1  2