北中幸司展、開催中です
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition

12日(土)より、「北中幸司 銅版画展」を予定どおり開催しております。2018年に開催した前回の個展から、3年ぶりとなる本展。その間に世界は一変しましたが、今回の作品群を眺めていると、北中さんの制作姿勢の揺るぎなさが伝わってきます。27日(日)まで開催しておりますので(火曜のみ休廊します)、ぜひ静けさにひたりにいらして下さい。

「婦人画報」目次ページ連載7月号
2021年6月 2日publicity
2021年6月 2日publicity
2021年6月 2日publicity
2021年6月 2日publicity

雑誌「婦人画報」目次ページに連載中の「巣立ちの記録 ―ギャラリーから羽ばたいた作品たち―」。7月号(6月1日発売)では、林友子さんの作品をご紹介しています。ぜひご覧下さい。

北中幸司 銅版画展
2021年5月29日exhibition
2021年5月29日exhibition
2021年5月29日exhibition
2021年5月29日exhibition

6月12日(土)より27日(日)まで、北中幸司さんの銅版画展を開催します。北中さんは、銅版をスケッチブックのように持ち歩いて写生し、自らプレス機で刷って銅版画を制作しています。詳しい工程は、「銅板に薄紙をのせて、上から鉛筆で描画する。銅版の表面は防蝕剤(グランド)でコーティングされていて、鉛筆の圧がかかったところは防蝕剤が剥がれ、のちに腐蝕液に浸けるとこの部分だけが腐蝕されて凹部になる。その上にインクを詰め、紙をのせてプレス機で刷る」というものです。「大切にしたいのは花や草木との一会。ほかのどの花でもなく、いま目の前にあるこの花をただ描きとめたいというとてもシンプルな思い」という北中さんのまなざしが伝わってくる作品たちです。詳細は、「Exhibitions」をご覧下さい。


北中幸司展2021DM.jpg

水田典寿展の会場風景写真を
UPしました
2021年5月25日exhibition
2021年5月25日exhibition
2021年5月25日exhibition
2021年5月25日exhibition

5月30日(日)まで開催中の水田典寿展の会場風景・展示作品写真を「Exhibitions」にUPしました。ご来廊下さった方々が、時間を忘れて作品たちの醸し出す濃密な気配に浸っておられるご様子を、毎日嬉しく拝見しております。今回残念ながらいらっしゃれなかった方にも、写真からこの空気感が伝わりますように。ご売約済みの作品も最終日まで展示しておりますので、ぜひご高覧下さい。


水田典寿展2021−5.JPG

水田典寿展の開催について
2021年5月 7日exhibition
2021年5月 7日exhibition
2021年5月 7日exhibition
2021年5月 7日exhibition

東京都の緊急事態宣言が今月末まで延長となりましたが、5月15日(土)スタートの水田典寿展は予定通り開催することにいたしました。初日は、水田さんが在廊して下さる予定です。ご来廊が難しい方のため、22日(土)以降はメール・お電話での作品へのお問合せを承ります。その時点でご購入可能な作品の写真と価格・寸法のリストをお送りさせて頂きますので、ご連絡をお待ちしております。

1  2