ロベール・クートラスのリザーブ・カルト全点が
森美術館の展覧会に展示されています
2022年11月 6日exhibition
2022年11月 6日exhibition
2022年11月 6日exhibition
2022年11月 6日exhibition

僕の夜のコンポジション.jpg

6月29日(水)から11月6日(日)まで、六本木の森美術館にて開催中の「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」展に、ロベール・クートラスのリザーブ・カルト全点が展示されています。リザーブ・カルトとは、遺作を託した岸真理子・モリアさんに、これは散逸させずに保管していてほしいとクートラスが言い残した469枚のカルト(手札大のカード絵)のことです。
本展は国内外16名のアーティストが参加し、自然と人間、個人と社会、精神世界、宗教、繰り返される日常、生と死など、人間の生への本質的な問いを提示する構成となっています。ぜひご高覧下さいませ。

会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53F)
会期:2022年6月29日(水)~11月6日(日)
開館時間:10時~22時(火曜のみ~17時、入館は閉館時間の30分前まで)、会期中無休
*事前予約制のため、専用オンラインサイトから日時指定券のご購入をお願いいたします(日時指定枠に空きがある場合は、事前予約なしでも入館可能です)。