林友子展の会場風景写真を
UPしました
2021年9月17日exhibition
2021年9月17日exhibition
2021年9月17日exhibition
2021年9月17日exhibition

9月26日(日)まで開催中の林友子展の会場風景・出品作品写真を、「Exhibitions」にUPしました。まずは全体を眺めて作品同士の響き合いをお楽しみ頂き、それから1点1点微妙に異なる色彩や質感をじっくり味わって頂けたらと思います。時節柄、ご来廊頂くのは難しい方もいらっしゃると思いますので、お目に留まる作品がございましたらメールかお電話にてお問合せ下さいませ(写真の中にはご売約済みの作品も含まれておりますこと、ご了承下さい)。

林さんの在廊日について
2021年9月16日exhibition
2021年9月16日exhibition
2021年9月16日exhibition
2021年9月16日exhibition

現在開催中の林友子展には、連日たくさんの方にお越し頂き御礼申し上げます。今週末の18日(土)は予定通り林さんが在廊して下さいますが、12時~16時半頃までとなりますので、お会いになりたい方はその間にいらして頂ければ幸いです。
17日(金)より21日(火)まで、西麻布の桃居でも平面作品の展覧会が開催されますので、そちらもぜひ。ただし桃居では17日(金)と18日(土)はオンライン販売のみ、19日(日)から21日(火)に実店舗もオープンなさるそうです。Gallery SUは火曜休のため、両会場とも回って頂けるのは19日(日)・20日(月)のみとなりますのでご注意下さい。
なお、Gallery SUのご近所にあるLIVING MOTIFでは、10月12日(火)まで日野明子さんの選定による「日本の道具 器を愉しむ、秋のしつらえ」展が開催されています。こちらも、ぜひあわせてお楽しみ下さい。

林友子展、開催中です
2021年9月12日exhibition
2021年9月12日exhibition
2021年9月12日exhibition
2021年9月12日exhibition

昨日より、林友子展「額  ―透明な時間への入口―」が始まりました。このような時節にも関わらず、楽しみにお待ち下さっていた方々がお越し下さり、お陰様で温かな空気の初日となりました。もともとは昨年5月に開催予定だったところコロナの影響で延期となり、この時期の開催となりましたが、そのぶん一層充実した内容・点数となっております。林さんの2年間の試行錯誤の結実をご高覧頂ければ幸いです。

林友子展は予定通り開催します
2021年9月 5日exhibition
2021年9月 5日exhibition
2021年9月 5日exhibition
2021年9月 5日exhibition

林友子展は、予定通り9月11日(土)~26日(日)に開催いたします。林さんは、9月18日(土)に在廊予定です。換気等の対策を万全にして、皆様のご来廊をお待ちしております。

林 友子展「額 ―透明な時間への入口―」
2021年8月23日exhibition
2021年8月23日exhibition
2021年8月23日exhibition
2021年8月23日exhibition

9月11日(土)より26日(日)まで、林友子さんの個展を開催します。木地の上に薄く何層にも土を塗り重ねるという技法で、額や平面作品を制作している林さん。額に対する概念を広げるべく、四角の中の空洞を内省のための場とできないかという探究を続け、今展では揺らぎのある形の作品など新たな試みも登場します。詳細は「Exhibitions」をご覧下さい。


林友子展2021年DM.jpg

伊藤正展の会場風景写真を
UPしました
2021年7月14日exhibition
2021年7月14日exhibition
2021年7月14日exhibition
2021年7月14日exhibition

7月18日(日)まで開催中の伊藤正展の会場風景・出品作品写真を「Exhibitions」にUPしました。岩肌のようでもあり、砂漠のひび割れた大地のようでもあり.......力強い造形に拮抗するように、豊かな土の表情が引き出されています。下の作品は、オブジェとしても楽しめる香炉です。時節柄お出ましになれない方も多いことと思いますので、もしお目に留まる作品がございましたらお電話かメールにてお問合せ下さい(写真のなかにはご売約済みの作品も含まれておりますこと、ご了承下さいませ)。


伊藤正展2021 香炉.jpg

明日より、伊藤正展が始まります
2021年7月 2日exhibition
2021年7月 2日exhibition
2021年7月 2日exhibition
2021年7月 2日exhibition

明日より、伊藤正展が始まります。伊藤さんが惹かれる植物や貝殻などの形と、メソポタミア文明の遺物から想像をふくらませて出てきた意匠とが土の力と融合し、時代も国も超えた作品が生まれました。今回は残念ながら伊藤さんは在廊されませんが、作品から伊藤さんの土への熱い思いを感じ取って頂ければ幸いです。

伊藤 正展
2021年6月23日exhibition
2021年6月23日exhibition
2021年6月23日exhibition
2021年6月23日exhibition

7月3日(土)より18日(日)まで、陶芸家・伊藤正さんの個展を開催します。伊藤さんが作陶に使っているのは、生まれ故郷であり現在も暮らしている岩手県内で自ら探して掘り出した土です。作品には、土の個性に導かれるように動いた手の痕跡が残っています。詳細は、「Exhibitions」をご覧下さい。


伊藤正展2021年DM.jpg

北中幸司展の会場風景写真を
UPしました
2021年6月22日exhibition
2021年6月22日exhibition
2021年6月22日exhibition
2021年6月22日exhibition

6月27日(日)まで開催中の北中幸司展の会場風景と展示作品写真を「Exhibitions」にUPしました。足元の小さな草花や生きものも、見上げるような木々も、描き留められた姿からは北中さんの「描くために見るというより、見るために描いているのかもしれない」という思いが感じられます。下の写真は、「大風のあと」という作品です。大木が強風によって倒れた姿に、自然の厳しさと同時に生命の循環や再生を感じて描いたそうです。じっと眺めていると、やがて倒木の周りから若木が生えて育っていく時間の流れまで見えてくるような気がします。


北中幸司展2021-9.JPG

北中幸司展、開催中です
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition
2021年6月14日exhibition

6月12日(土)より、「北中幸司 銅版画展」を予定どおり開催しております。2018年に開催した前回の個展から、3年ぶりとなる本展。その間に世界は一変しましたが、今回の作品群を眺めていると、北中さんの制作姿勢の揺るぎなさが伝わってきます。27日(日)まで開催しておりますので(火曜のみ休廊します)、ぜひ静けさにひたりにいらして下さい。