宮下香代展が終了しました
2019年9月23日exhibition
2019年9月23日exhibition
2019年9月23日exhibition
2019年9月23日exhibition

昨日をもちまして、宮下香代展が終了しました。今回で3度目となる個展でしたが、宮下さんの新たな挑戦を楽しみに毎回お越し下さる方も多く、続けることの大切さと重みを感じました。作品をお求め下さった方には、順次ご発送しておりますので、今しばらくお待ち下さいませ。なお、本日より次回のロベール・クートラス展(10月12日〜)までは休廊させて頂きます。

ロベール・クートラス展「夜の向こう側から」
2019年9月21日exhibition
2019年9月21日exhibition
2019年9月21日exhibition
2019年9月21日exhibition

10月12日(土)より27日(日)まで、3年ぶりとなるロベール・クートラス展を開催します。カルト(手札大の油彩画)を中心に、グァッシュ、木版画等も展示いたします。あわせて、関連書籍も販売します。今展のタイトルは、岸真理子・モリアさん(クートラスの遺作管理者)の「カルトの光は夜の向こう側から差している」という言葉から頂きました。写真のカルトの背後に写っているのは、クートラスが1967年(カルトの制作を始めた年)から亡くなるまで過ごした建物内部を写した紙焼き写真です。この場所から、困窮のなかにあっても"自分を生きる"ために描かれた作品の数々が生み出されたことを感じて頂ければ幸いです。



クートラス2019年DM.jpg

宮下香代展の会場風景写真を
UPしました
2019年9月18日exhibition
2019年9月18日exhibition
2019年9月18日exhibition
2019年9月18日exhibition

9月22日(日)まで、宮下香代展を開催中です。和紙と針金という限られた素材から生み出される、多様な質感と色彩。造形は、緻密に計算されているようでありながら、手仕事ならではの揺らぎが感じられます。会場風景・展示作品写真を「Exhibitions」コーナーにUPしましたので、ご覧下さい。



宮下香代展2019−4.JPG

宮下香代展「宇」
2019年8月21日exhibition
2019年8月21日exhibition
2019年8月21日exhibition
2019年8月21日exhibition

9月7日(土)より22日(日)まで、和紙と針金を素材とする造形作家・宮下香代さんの個展を開催します。針金を関節のように曲げて様々な形を作れる遊び心あるオブジェや、壁面に掛ける平面作品、風に揺れるモビールなどを展示します。軽やかさと緊張感の宿る作品を、ぜひご高覧下さいませ。詳細は、「Exhibitions」をご覧下さい。



宮下香代展2019年DM.jpg

夏季休廊のお知らせ
2019年7月29日exhibition
2019年7月29日exhibition
2019年7月29日exhibition
2019年7月29日exhibition

昨日をもちまして、伊藤正展が終了しました。厳しい暑さのなかお越し下さった皆様、誠にありがとうございました。伊藤正さんの作品の唯一無二の魅力をたくさんの方々と語り合うことができ、幸せな日々でした。さて、本日より9月6日(金)までは夏季休廊させて頂きます。その間、お問い合わせ等はメールにてご連絡下さいませ。次回の企画展は、宮下香代展(9月7日〜22日)です。何卒よろしくお願い申し上げます。

1  2