今週末より、秋野ちひろ展が始まります
2020年3月18日exhibition
2020年3月18日exhibition
2020年3月18日exhibition
2020年3月18日exhibition

今週土曜日より、秋野ちひろさんのGallery SUで10回目となる個展が始まります。不安な状況が続いておりますが、窓を開けて、風通しを良くしてお待ちしています。いらして下さった方々のお気持ちにも、風の通る時間となりますよう願っております。初日の21日(土)・翌22日(日)は、秋野さんが在廊して下さる予定です。

秋野ちひろ展「積層」
2020年3月 1日exhibition
2020年3月 1日exhibition
2020年3月 1日exhibition
2020年3月 1日exhibition

3月21日(土)より4月5日(日)まで、金工作家・秋野ちひろさんの個展を開催します。2011年の初個展から数えて10回目の、節目となる個展です。いまの作品の背後に存在するこれまでの作品の積層、そしてこれからへの胎動を感じて頂ければ幸いです。詳細は、「Exhibitions」をご覧下さい。



秋野ちひろ展2020年DM.jpg

「青花の会|工芸祭」閉幕しました
2020年2月17日exhibition
2020年2月17日exhibition
2020年2月17日exhibition
2020年2月17日exhibition

昨日をもちまして、「青花の会|工芸祭2020」が盛況のうちに閉幕しました。ご来場下さいました方々に、心より御礼申し上げます。主催者である「青花の会」の菅野康晴さん、猿田詠子さん、共に監修を務めた「ギャラリーうつわノート」の松本武明さん、そして出展ギャラリーの皆様と、1年以上前から準備を進めてきたので、今は無事終了した安堵感と"祭りの後"の寂しさを感じています。各ギャラリーが、「『生活工芸』以降の工芸」という主題をそれぞれの解釈で展示を通じて表現し、2020年という現在とこれからを感じて頂ける場となったと思います。わずか3日間の催事でしたが、ギャラリー、作り手、お客様それぞれに今後につながる何かが残り、広がっていくことを願っています。

「青花の会|工芸祭」のお知らせ
2020年2月 7日exhibition
2020年2月 7日exhibition
2020年2月 7日exhibition
2020年2月 7日exhibition

新潮社青花の会主催による「青花の会|工芸祭2020」が、2月14日(金)〜16日(日)の3日間、BOOTLEG gallery(神楽坂・江戸川橋)を会場に開催されます(14日は青花会員とご同伴者のみ、15日・16日はどなたでもご入場頂けます)。主題は、「『生活工芸』以降の工芸」。全国から集まった12軒のギャラリーが、その主題をもとに、それぞれテーマを設けて展示販売を行います。私は、「ギャラリーうつわノート」の松本武明さんと共に監修を務め、出展者としても参加いたします(Gallery SUブースでは、「風穴(かざあな)」をテーマに、金工作家の秋野ちひろさんの作品を展示します)。詳細は、下記をご参照下さい。皆様のご来場をお待ち申し上げております。

「青花の会|工芸祭」秋野ちひろさん出品作品
2020年2月 6日exhibition
2020年2月 6日exhibition
2020年2月 6日exhibition
2020年2月 6日exhibition

青花の会|工芸祭2020」に出品予定の秋野ちひろさんの作品をご紹介します。2枚の写真は、同一作品を向きや角度、時間帯を変えて撮影したものです。秋野さんはいつも、空間や周囲との関係性のなかで、作品の向きを自由に変えながら展示を行います。今回、会場となるBOOTLEG galleryは、製本工場だった建物を、もとの雰囲気は残しつつ改修した強度ある空間。作品が空間を変容させ、空間が作品の新たな力を引き出す......両者の響き合いも楽しみにお越し下さい。



   秋野ちひろ Pillow1.jpg     秋野ちひろ Pillow2.jpg

1  2